ゴミ屋敷業者に恥ずかしい気持ちがあるけど何とかしたいあなたに

近年のゴミ屋敷事情

「部屋がゴミ屋敷だけど、恥ずかしくて片付け業者に依頼できない」
「見せるのが恥ずかしいけど、自力で片付けるのも難しい…」

ゴミ屋敷に悩む人の多くは、すぐにでも片付けたい気持ちがあるけれど、部屋を見せるのが恥ずかしくて、なかなか片付けれることができない悩みを抱えがちです。

とはいえ、ゴミ屋敷を放置しても状況は悪くなるだけなので、考え方を変えていくしかありません。

そこで本ページでは、ゴミ屋敷片付け業者以外にバレた時のケースから、恥ずかしいと強く感じる気持ちを手放す大切さまでお伝えしていきます。

本ページを読むことで、ゴミ屋敷に対する正しい認識を持つことができて、部屋を元通りへ綺麗にする方法までわかります。

ゴミ屋敷業者以外にバレた場合を想像してみる

まずはじめに、業者以外の人にバレた場合を考えてみます。

よく考えてみると、1番ストレス値が低いのはゴミ屋敷片付け業者で、他の人にバレたときよりもストレスが少ないことが分かるはずです。

以下から、バレた相手別のストレス値をお伝えしていきます。

【高いストレス】大家さんや管理会社

マンションやアパートに住んでいて、大家さんや管理会社にバレたら、相当大きなストレスを感じるはずです。

原状回復費用や、損害賠償請求を請求されるといった不安を抱えることになるためです。

また早急に退去を求められ、生活環境を急に変えざるをえなくなる事態にもなりかねません。

【中~高程度のストレス】友人や勤務先

ゴミ屋敷に住む人の多くは、勤務先や学校では、部屋が汚くなっているとは思われていません。

むしろ家の外では、比較的しっかりしていると評価を受けていて、反動で部屋が汚くなっているパターンが多いです。

そのため友人や勤務先にバレたら、社会的な評価が下がってしまい、周囲からの見られ方が変わってしまいます。

【中程度のストレス】家族や恋人

部屋がゴミ屋敷であることを家族にバレたら、反応は様々なはずです。

恥ずかしいと感じるよりは、叱られるストレスのほうが大きく、逆に心配される人もいるでしょう。

近しい人だからこそ、単なる友人にバレたときと比較して、精神的なストレスの感じ方も変わってきます。

【低いストレス】ゴミ屋敷片付け業者

バレても1番ストレスや不安を感じにくいのが、ゴミ屋敷片付け業者です。

理由はシンプルで、彼らは日常的にゴミ屋敷を目にしており、当たり前のことと受け取るためです。

日常である上に、仕事でもあるため、余計な感情を抜きにして淡々と片付けていくだけです。

男性スタッフに見られて恥ずかしいと感じる場合は、女性スタッフが在籍する業者に依頼すれば大丈夫です。

立ち会いするのも難しい場合は、電話とメールだけで依頼できるので、業者と顔を合わさずに部屋を片付けることもできます。

片付け業者に恥ずかしいと強く感じる必要がない理由

ゴミ屋敷片付け業者に依頼したとしても、恥ずかしいと感じる気持ちは残るはずです。

とはいえ、前章でお伝えしたように他のパターンを想定すれば、心理的な抵抗がグッと下がります。

ここでは、恥ずかしいと感じる気持ちを強く感じる必要がない理由について、深堀りしていきます。

1. ゴミ屋敷には慣れている

ゴミ屋敷片付け業者は、当然のことになりますが、ゴミ屋敷の現場に慣れています。

過去の経験から、住人の性格タイプからゴミ屋敷に至った理由も理解しているため、特別な感情を持つことはありません。

あなたのゴミ屋敷よりも、相当ゴミがたまっている現場も経験しているため、特別に恥ずかしいと感じる必要はないのです。

2. ゴミがある方が仕事が増えるので嬉しい

ゴミ屋敷片付け業者にとっては、誤解を恐れずにいえば、ゴミ屋敷住人からの連絡が嬉しいことになります。

仕事が手に入るため、新しい依頼はウェルカムです。

またゴミの量が多いほど、見積もり費用が高くなるため、業者側からの視点を持つと、ゴミがある方が歓迎されることが分かります。

恥ずかしいと感じる気持ちは大切。次に活かせばいいだけ

ゴミ屋敷片付け業者に対して、部屋を見せるのを恥ずかしく感じる必要がないとお伝えしましたが、少しは気持ちを持っておくことも大切です。

なぜなら、再び部屋がゴミ屋敷化してしまっても、同じように依頼すれば良いと考えてしまうためです。

1度ゴミ屋敷になった人が、数年たって再び部屋が汚くなる傾向があります。

せっかくゴミ屋敷片付け業者に依頼したからには、次に活かす気持ちを大切に持つことで、再発防止対策が可能です。

ゴミ屋敷片づけ業者は近隣にバレないように片付けてくれる

ゴミ屋敷片付け業者は、大家さんや勤務先、家族にバレるよりも精神的ストレスが小さいです。

それだけでなく、近隣にゴミ屋敷であるとバレないように、最大限配慮してもらえます。

以下から、片付け業者が実践する具体的な工夫例をお伝えしていきます。

工夫①ダンボールや衣装ケースでゴミを搬出

片付けで出たゴミをゴミ袋に入れて搬出すると、周囲からバレる大きなきっかけとなります。

この事態を防ぐために、ダンボールや衣装ケースを使って、ゴミを搬出する工夫を行います。

一見すると、引っ越しや新しい家具の設置作業と見間違えてしまうように、最大限配慮をするのです。

工夫②無印の作業服とトラック

ゴミをダンボールや衣装ケースに入れても、片付け業者の作業服やトラックに社名が記載されていれば、すぐにバレてしまいます。

そのため柔軟な対応ができる業者の中には、無印の作業服とトラックを使用するのです。

周囲にバレないためには、どのような対策をすれば良いのかを、豊富な経験をもとに分析しているため安心といえます。

工夫③部屋を締め切って作業

ゴミ屋敷を片付けるのに、部屋が空いていたら、どうしても周囲からバレやすくなります。

そのため、可能なかぎり部屋を締め切って、作業を行ってくれる業者も存在します。

夏場でクーラーが効かない空間だと難しいですが、バレるリスクを1つでも消すために、最大限配慮するのです。

工夫④少人数で目立たないように対応

ゴミの量が多いからといって、複数人で同時に作業を行うと、どうしても目立ってしまいます。

近隣の住人の注意を1度引き寄せてしまうと、どうしてもバレやすくなります。

そのため、少人数で目立たないように対応して、周囲から注意を寄せられないような配慮が行き届いているのです。

初めてのゴミ屋敷片付け業者の選び方

初めてゴミ屋敷片付け業者を選ぶ上では、次の点に注意しておくのが肝心です。

  • 許認可を持っているか
  • 料金体系が明瞭であるか
  • 追加料金がないか
  • オプションサービスが充実しているか

他にも気をつける点がありますので、次の記事で優良業者の正しい選び方を全解説しています。

>>ゴミ屋敷片付け業者の選び方|失敗して損しない方法を徹底解説

まとめ

本ページでは、ゴミ屋敷業者に見せるのも恥ずかしい方に対して、他の人にバレたときのリスクから、強く恥を感じる必要がない理由までお伝えしてきました。

ゴミ屋敷片付け業者は、あくまでも仕事として片付けを行うので、恥ずかしくてたまらない気持ちを手放しても良いです。

ただし全く何も反省がないと、再びゴミ屋敷化してしまうリスクがあるので、自分の中で予防対策を行うのも大切です。

本ページを読むことで、片付け業者に依頼する上で持っていた抵抗感が消えて、業者選びへ進むことができたら幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました