ゴミ屋敷片付け業者の料金相場は|業者を選ぶ時の注意点も徹底解説

ゴミ屋敷片付け業者の料金相場 業者依頼の手引き

「ゴミ屋敷になったので片付け業者に依頼したい」「料金相場はどのくらいなの?」と、ゴミ屋敷片付け業者の料金相場を知りたいとお考えでしょうか?

部屋がゴミ屋敷化する人が増えており、それに伴って片付け業者も急増し、すでに一定の料金相場があります。

片付け業者の料金内訳は、「人件費」「車両費」そして「ゴミの処分代」に分類でき、部屋の大きさやゴミの高さによって、おおよその目安を把握することが可能です。

本ページでは、ゴミ屋敷片付け業者の料金の決まり方から、片付け行業者を選ぶときの注意点までお伝えしていきます。

読み進めて行くことで、ぼったくり業者を見抜くことができ、優良なゴミ屋敷片付け業者を選ぶことができるようになります。

ゴミ屋敷片付け業者の料金相場

部屋の大きさによる料金相場は、次の表のとおりです。

部屋の大きさ 料金相場 作業人数 作業時間
1R・1K 30,000円~80,000円 1~2名 1時間〜
1DK 50,000円~120,000円 2~3名 2時間〜
1LDK 70,000円~200,000円 2~4名 2時間〜6時間
2DK 90,000円~250,000円 2~5名 2時間〜6時間
2LDK 120,000円~300,000円 3~6名 3時間〜8時間
3DK 150,000円~400,000円 3~7名  4時間〜10時間

上記の表はあくまで目安であり、当然ゴミの量によって異なってきます。

床が隠れる程度しかないのと、天井まで積み上がっているのでは、料金に倍以上の開きがあります。

たとえワンルームであっても、天井までゴミがあれば、8万円から10万円程度請求されます。

また、持ち運びが大変な大型の家具などがあると、搬出に時間と手間がかかるので、料金が加算される要因の1つです。

部屋の状況とゴミの量により、料金相場は全く異なってきます。

ゴミ屋敷片付け料金の内訳

お部屋の状況やゴミの量により料金は変わりますが、くわしい内訳はどうなっているのか説明いたします。

料金の内訳は、主に次の4つです。

  • ゴミを処分する費用
  • 車両費
  • 人件費
  • オプションサービス

4つの内訳により異なるため、相場料金に幅が出てきます。

以下から、順番に解説します。

ゴミを処分する費用

料金内訳の中で、大きな割合を占めるのがゴミの処分費用です。

業者がまとまったゴミを処分するには、一般廃棄物収集運搬許可証が必要であり、重さによって決まる費用を各自治体に支払います。

一般廃棄物収集運搬許可証を持っていない業者は、許可を持っている業者にゴミの廃棄を依頼することになり、費用が高くなりがちです。

また不法投棄を行うことで、処分費用を浮かせて、利益を奪う狙う悪徳業者も存在します。

費用を安く済ませて依頼したい方は、一般廃棄物収集運搬許可証を持つ業者を選ぶのが肝心です。

車両費

ゴミ屋敷のゴミを運ぶのには、トラックが必要となるため、ガソリン代を含めた費用が料金内訳に入ります。

また片付けを行う部屋の近くに駐車スペースがないと、駐車料金が必要となるため、別途料金が必要です。

ただし業者によっては、ガソリン代などの費用を含めないこともあるので、事前に確認しておくと良いポイントになります。

人件費

人件費とは、簡単に説明すると、作業員の方に対して片付けをしてもらった分の報酬のことです。

そのため、作業人数と作業時間によって、人件費が変わってきます。

部屋の間取りと目安としては、1Rの大きさで作業員1名で、1DKとなると2~3名となります。

ゴミの量だけでなく、複数人での持ち運びが必要なものがあると、人件費が変わってくるので注意が必要です。

オプションサービス

ゴミ屋敷清掃業者は、ゴミの片づけ以外に、部屋の消臭や害虫駆除そして特殊清掃なども行います。

長期間ゴミを放置していた場合は、部屋の脱臭やハウスクリーニングが必要となるので、料金が加算されます。

オプションサービスについては、片付け業者によって異なるので、事前に確認しておくのが肝心です。

業者によっては、部屋のリフォームや家屋の解体、不動産の売買まで引き受けています。

ゴミ屋敷片付け業者に依頼するメリット・デメリット

ここでは、ゴミ屋敷してしまった部屋を、専門の片付け業者に依頼するメリット・デメリットをお伝えします。

「面倒だからやっぱり放置したい」「恥ずかしいから呼びにくい」と考えている方でも、メリットとデメリットを理解することで、選択を進めやすくなります。

それでは、順番にお伝え致します。

メリット①近所にバレないように作業してくれる

「ゴミ屋敷を人に見せるのは恥ずかしい!」と思っている方でも、専門の片付け業者であれば心配いりません。

選ぶ業者によっては、ゴミの持ち運びについては、ゴミ袋に入れないで、引っ越しの荷物に近い感覚でダンボールを使ってもらえます。

またトラックについても、社名が書いていないトラックをレンタルして、近所にわからないように配慮する業者も存在します。

ただし業者によって配慮できる範囲が異なるので、事前に確認しておくのが肝心です。

メリット②自分は何もせずに片付く

最大のメリットとしては、自分の力では片付けることできないゴミを、何もせずに綺麗になることです。

すでにたまったゴミについては、考えたり少し片付けたりするだけで、ストレスがたまるもの。

片付け業者に依頼することで、自分では全く手を汚さないで、元の綺麗な部屋を取り戻すことができます。

デメリット③費用がかかる

しいて選ぶとすれば、費用がかかる点になります。

自分ではやりたくないことを、他の人に依頼する形になるので、やむを得ません。

お金が無かったり、支払うのがもったいないと感じる場合は、できる範囲で片付けを行ってゴミの量を減らし始めましょう。

片付け始めて、キリがないと感じたり、投げ出したくなったりしたら、片付け業者に依頼するタイミングになります。

ゴミ屋敷清掃業者を選ぶ時の注意点

1人暮らしの高齢者の方や、仕事が激務で疲れ切っている方が増えて、ゴミ屋敷片付け業者も急増しています。

残念なことに、優良な片付け業者がいる一方で、法外な料金を請求したり、質の低いサービスを提供する悪徳業者も存在します。

ここでは、悪徳業者に引っかかって失敗しないために、選ぶときの注意点を解説いたします。

出張見積もりを行ってくれるか

ゴミ屋敷の片付け費用を出すためには、実際に部屋の状態やゴミの量を目視しないと、正確に見積もることができません。

片付け業者の中には、電話でのやり取りだけで見積もりを済ませるパターンも存在します。

ただし当日になり部屋の状態を確認することで、依頼者と業者のあいだで認識にギャップがある場合、高額な追加費用を請求されるリスクがあります。

優良業者は出張見積もりを行いますので、電話でのメールのやり取りだけで済ませてはいけません。

料金体系が分かりやすいか

ゴミ屋敷片付け業者によっては、料金体系がわかりにくくて、不透明なケースが存在します。

例えばゴミの高さによって決める業者が存在しますが、具体的な高さの数値として表示していないことがあります。

そのため、「ゴミ袋何袋分」「衣装ケース何個分」と、分かりやすい形で料金体系を示している業者を選ぶのが肝心です。

追加料金の有無

悪徳業者の中には、見積もり料金をかなり安く提示して、後ほど追加費用を請求する業者が存在します。

追加費用請求がある場合だと、後から口実をつけて上乗せできてしまうので、事前に確認しておくのが肝心です。

優良業者は、事前の出張見積もりを丁寧に行い正確な見積もりを提示するため、追加料金を請求しません。

最後に

本ページでは、初めてゴミ屋敷業者への依頼を考えている方を対象に、料金の内訳から選び方の注意点を解説いたしました。

主な料金の内訳を把握して、解説した注意点に気をつけることで、優良業者を選ぶことができます。

最後まで読むことで、役立つ感じる情報があれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました